育児グッズ

専用カバーいらず!抱っこ紐リルベビーの収納は風呂敷だけでOK!

抱っこ紐ってお出かけには必須アイテムだけど、使わないときってかさ張りますよね。

抱っこ紐カバーを買おうか、手間はかかるけど手作りしようか悩んでいませんか?

余りカバーにお金は掛けたくないし、手作りも面倒なんだよな…となってるあなた。

そんな時は風呂敷です!

針も糸もいりません!これ一枚で簡単に収納できちゃいます!

 

どんな抱っこ紐にでも合う風呂敷

私はリルベビーの抱っこ紐を使っているんですね。

カバーを作ってる方が少ないですし、好きなデザインでカバーが欲しかったんですよね。でも自作するのは時間が掛かるし裁縫は得意じゃないし、ミシンがないので手縫いはさらに時間が必要そうだし…。

でも収納カバーがないと広がって邪魔だしどうしようかと悩んでいました。

薄くて、大きめの布…と考えた結果”風呂敷”にたどり着きました!

収納に必要な風呂敷の大きさ

リルベビーでは2巾(約70cm)がいい感じです。

100均で50cm×53cmくらいの布を買いましたが小さくて入りきれませんでした。

間違った布は後々よだれカバーにでもリメイクします…。

 

風呂敷なんてないよ!!て方は約70cmの正方形のお好きな布で大丈夫ですよ。

その方が色んな柄があると思います。

後は100均にも70cm程度の風呂敷が売っています。

 

風呂敷での収納方法

両端同士を結んで入れ込むだけなのでほんとに簡単です!

最初はクルクル抱っこ紐をまとめた状態で風呂敷を結んで、サイズ調整した方がその後も綺麗に収まりますよ。

 

 

抱っこひもの畳み方

広げた状態です。

 

肩紐部分を内側にいれます。

 

ネックサポート部分を内側に巻きます。

いつもはフードも出しっぱなしなので、フード部分でクルクル巻いています。

 

風呂敷に入れていきましょう。

まずは片方を斜めにして風呂敷に入れていきます。

一方が入ったら、反対側も収めます。

 

無事風呂敷に収まりました。

簡単!風呂敷収納カバーはおすすめ!

今回は風呂敷で収納する方法をお伝えしました。

風呂敷以外でも約70cmの布を用意すれば、簡単に自分の好きな柄で収納カバーが出来てしまいます。

裁縫道具も一切いらず、結ぶだけの簡易収納カバーおすすめですよ。

 

ABOUT ME
REN
REN
20代・専業主婦・フィリピンハーフ。クウォーターの娘を育てています。笑顔で過ごすのがモットー。
RENのSNSアカウントはこちら