育児

子供にスマホを触らせるときはアクセシビリティのアクセスガイドを設定しましょう!

子供にスマホを渡して遊ばせる時ってありますよね。YouTubeで子供用の動画を見せたり、子供用アプリで遊ばせたり。

私もスマホを渡す時があるんですが、まぁ色々タッチして画面を変えちゃうんですよね。

YouTubeの動画は変え放題、子供用スマホアプリは何故か広告ばかりだして、別のアプリを立ち上げる。

それを防ぐために子供にスマホを渡す時は、“アクセスガイド“をオンにしてからにしています。

設定はとても簡単です。

まずはアクセスガイドを設定するとどうなるのか説明しますね。

アクセスガイドを設定するとどうなるの?

立ち上げているアプリだけが使える

使えるアプリが1つに限られます。

例えばYouTubeを立ち上げたら、それ以外のアプリに勝手に変えられることがなくなります。

全画面や一部分だけなど、範囲を指定してタッチを無効にできる

アプリによって無効にしたい部分を指定できます。

私は
  • YouTube→全画面タッチ無効
  • 子供用アプリ→広告部分だけ無効
という風に設定しています。

動画は勝手に変更されることがないし、アプリで遊ばせる時も広告をタップすることがありません。

アクセスガイドを設定しよう

設定方法

①設定を開く

設定のアプリ
②一般からアクセシビリティを開く

設定から一般を開く
一般からアクセシビリティを開く
③アクセスガイドを開いてオンにする

下から2番目にあります。
④パスコードを設定する。

パスコードを設定する
パスコードを設定する
これだけです。

アクセスガイドの使い方

①使用したいアプリを開きます。

②ホームボタンor電源ボタン(トップボタン)を3回連続クリックします。

ホームボタンと電源ボタンの説明
③無効にしたい範囲を指定します。

アクセスガイドの範囲を指定する
全画面範囲指定しています

④オプションで細かい設定が可能です。

アクセスガイドのオプションの設定
ボリュームボタンだけ反応するようにしています
タッチをオフにしましょう。
タッチをオフにしておきます




アクセスガイドのオプションの設定
⑤アクセスガイドをオフにするときは。

方法1:ホームボタンor電源ボタン(トップボタン)を3回連続クリックして設定したパスワードを入力する。

方法2:Touch IDもしくはFace IDでオフにする。

アクセスガイドを設定して安心して子供にスマホを渡そう

子供にスマホを渡すと色々弄るものですが、アクセスガイドをオンにすれば大丈夫です。

「別のアプリ開かないでー!」「その画面なに⁉︎」というようなことがなくなりますよ。

スマホを弄り回す娘
ABOUT ME
REN
REN
20代・専業主婦・フィリピンハーフ。クウォーターの娘を育てています。笑顔で過ごすのがモットー。
RENのSNSアカウントはこちら